スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

美しい所作 茶道

着物の袖口から

茶碗を受ける手

何とも艶っぽい

 

 

 

艶っぽいなどと

お茶には不謹慎かもしれませんが

その手の美しい表情は

女性ならでは

着物ならではのものではないでしょうか

 

これも

一朝一夕に

身につくものではなさそうです

 

 

茶道・和菓子を習いませんか

テーブル茶道もお勧めです

お気軽に

お問い合わせください

 

(お問い合わせ先)

 

j.sweet-club@docomo.ne.jp

 

こちらに

メールをください

一月 睦月の和菓子教室

一月の和名は「睦月」

睦まじく暮らすが語源です

 

今月の和菓子教室

「寒椿」

「旅枕」

 

練りきりの椿は

ピンクと白の生地が混ざり合って

優しい色彩となりました

 

旅枕は

たっぷりのすりごまを入れ

薄い皮で包んでオーブンで焼きます

 

出来立て、焼きたてをいただけるのも

和菓子教室の魅力です

 

 

お茶・和菓子を習いませんか

(お問い合わせ先)

 

j.sweet-club@docomo.ne.jp

 

こちらに

メールをください

 

 

 

感謝の茶会

お弟子が席主を務めた茶会

感謝の茶会

お茶と一緒に過ごしてきた半生を振り返って

 

 

 

全てに感謝の茶会を開きました

 

蹲で手と口を清め

躙り口へと進む

凛とした空気に緊張感が増します

 


                              

私は

水屋ですべてを見守ります

 

お茶を習いませんか

(お問い合わせ先)

 

j.sweet-club@docomo.ne.jp

 

こちらに

メールをください

 

 

 

 

「樹」庭カフェ  野点茶会

                           11月4日(日)

磐田「樹」庭カフェに参加

野点茶会を開催しました

 

 

曇り空の朝

天気が心配されましたが

10時のオープンから

スゴイお客様

沢山のショップが出店

 

 

野点茶席は

アトリエのあるお庭で

 

 



 

社長さん手作りの台に

毛氈を敷き

色紙箪笥にてのお点前

 


 

 

午後になり雨がポツポツ

場所を屋根のあるアトリエに移して

続行

 

用意した和菓子が無くなるほど

大勢の

お客様にお入りいただき
感謝感謝

 

反省点はいっぱい

ですが

これを

次に活かしていこうと思います

十一月 霜月 野点茶会

今日から十一月

和名 霜月

霜が降りるころ

 

もう少しで立冬だから

暦の上では初冬ですが

季節的には

晩秋

 


 

 

「鶴声更天高」

大気が澄んで

空がますます高くみえる頃

 

11月4日

10時〜15時

磐田市の「アトリエ樹」さんで

‘庭カフェ’が開催されます

和楽美として

野点の茶席を出します

 

お近くの方

是非 遊びにいらしてください

 

秋爽

秋爽 さやけし
大気が澄み渡り 
様々
鮮明に見える季感と
清々しく
気持ちよい気分をいいます
秋の空気感を
見事に表す言葉ですね
茶人井伊直弼は
「炉中さわやか」
教えています

書道教室のイベントで「和菓子教室」開催

教えていただいている

書道教室のイベントとして
「和菓子教室」を

開催させて頂きました。

 

夏の名残 

そして

秋の和菓子3品を作りました。

 

5名の方にご参加いただき

ありがとうございました。

 

皆様 手際よく作られました
ほっこりする栗と

可愛い兎の落雁に

思わず笑みがこぼれます。

 

 

 

和菓子の後は

書道教室の先生が

蕎麦を打ってくださり
天ぷらを揚げて

皆さんで楽しくいただきました。

 

 

 

 

先生のお蕎麦は二八蕎麦。
独特の

ツルツルシコシコ

のど越しの良さ。
打ち立て、茹でたては香りも最高

 

和菓子よりも

お蕎麦を楽しみにいらしたのでは?(笑)
先生

皆様

ありがとうございました

 

次回は冬の和菓子です

野分・二百十日

野分

 

立春から数えて二百十日目にあたる頃

農家の厄日となったのは

綱吉のころ


台風が日本へ襲来し

大きな被害をもたらすことが多いのは

今も昔も変わりません

 

野も草も

吹き分けて行くということで

野分とよびます

 

 

 

一夜の嵐が過ぎ去り

晴れあがることを

野分晴れ

ともいいます

 

被害の無い

恵の雨であってほしいですね

 

 

                                                                                     

(お問い合わせ先)

 

j.sweet-club@docomo.ne.jp

 

こちらに

メールをください

菊の節供・重陽

一月七日 人日

三月三日 上巳

五月五日 端午

七月七日 七夕

九月九日 重陽

 

五節供の風習は中国からはじまり

日本では

古い時代から

朝廷の行事となりました

 

 

陰陽道では奇数が吉とされ

一番大きな数字である

9が重なる

九月九日の節供が重要とされていましたが

 

日本では

節供といえば

三月と五月が一般的となっています

 

盃に菊花を浮かべて酒を飲み

邪気を払い

長寿を祈ります

 

季節の変わり目のこの時期

生活の

節目にしたいものだと

感じます

 

 

庭の展示場 樹さんへ

生徒さんの紹介で

磐田にある造園業「樹」さんへ

お邪魔してきました

 

 

 

 

庭の展示場では

イベントや教室などが

開催されているとのこと

この日は

サンドイッチランチを

いただいてきました

 

 

 

 

 

 

ここから少し離れた所に

「アトリエいつき」があります

 

 

 

 

 

納屋をリノベーションし

苔、苔玉、盆栽や古いもの

こだわりの一点ものを

展示販売されています

 

 

 

 

 

 

 

 


中央には囲炉裏

鉄瓶がかかり

時代箪笥や脚踏みミシンなど

レトロ感満載

 

昭和に

タイムスリップしたかのような

錯覚、でも

心地いいのです

 

ここで

「テーブル茶道」の

稽古をさせていただきたいと

お願いしたところ

快諾していただきました

 

 

秋風が心地よくなった頃から

始めたいと

考えています

 

お近くの方

是非

いらしてください

 

 

(お問い合わせ先)

 

j.sweet-club@docomo.ne.jp

 

こちらに

メールをください